東北大学病院オープン・ベッド・ラボ(OBL)

医療プロフェッショナルとともに、
医療現場に最も近いところで
「コンセプト」を「実証」の段階へ

2020年1月オープン!参加企業募集中

TUH
Smart Hospital
Project

Message

企業の皆さまとともに、
医療に明るい未来を

近年の我が国の医療は、世界的にも例を見ない急速な高齢化の進展、医療ニーズの多様化、医師の働き方改革など、多くの課題を抱えています。本院においては、限られた医療資源を有効活用し、特定機能病院としての責務を果たしながら医師偏在や地域医療の確保といった東北地区が抱える重要な医療課題に向き合っていかなければなりません。

このような状況に対応するため、本院では2019年10月より東北大学病院スマートホスピタルプロジェクト“Comfortable for All”を実現する取り組みを開始しました。本プロジェクトでは、患者さんが人生のステージとして納得して受け入れられる医療を提供するため、医師・看護師・薬剤師・診療技術部等医療プロフェッショナルが本来業務に注力し、効率的かつ安全にやりがいのある医療に従事できる病院機能を備えることを目指します。

OPEN BED Lab(OBL)は、本プロジェクトの一環として開設するもので、本院の旧病床機能を研究開発実証フィールドとして企業に貸与し、医療現場の視点を取り入れた共同研究開発を実施します。これまで当院が臨床研究中核病院として臨床研究推進センター(CRIETO)を中心として取り組んできた出口戦略を見据えた研究開発支援、特に医療現場を企業に開放しニーズ探索を行うベッドソリューションプログラムであるアカデミックサイエンスユニット(ASU)を発展・充実させ、社会化・実用化のさらなる加速を実現します。

OBLを我が国に例のない産学連携プラットフォームとして充実・発展させ、医療課題を克服し、明るい医療の未来に貢献して参る所存です。皆さまからの一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東北大学病院 病院長 冨永 悌二

東北大学病院
病院長

冨永 悌二

About

医療プロフェッショナルとともに、
“コンセプト”を“実証”の段階へ

東北大学病院 西病棟15階

東北大学病院
オープン・ベッド・ラボ(OBL)

旧病床機能をテストベッドとして貸与し、
共同研究を実施

東北大学病院の病棟フロアをリニューアル。企業の方々が医療プロフェッショナルと一緒に、医療現場に最も近い環境で、同じ視点で、新たな医療機器やシステム・サービスなどのコンセプトを実証段階に展開するための試行錯誤をしていただくテストサイトとしてご利用いただけます。

コンセプトに
リアルワールドの息吹を
吹き込む

FEATURE
01

医療・ヘルスケアの
現場で使うものは現場の視点を

企業が提案する医療機器・介護・健康分野のコンセプト段階にあるプロトタイプを利用者・医療従事者・病院経営者などの視点を取り入れ、実証段階にする(試行錯誤の場と機会の提供)

FEATURE
02

現場で
受け入れられるための
ポイントをつかんだ開発を

理論ではなく、現場においてみて、現場を熟知した人でしか分からない感覚から開発のカギとなるポイントを探り出すプロセスイノベーションを実践する(バイオデザイン手法)

FEATURE
03

「新しい出会い」により
開発を加速

将来の医療・健康領域でのイノベーションを担う企業・医療者・研究者等、様々な方とのネットワーキングを構築する

OBLのフィールド

医療・ヘルスケアに関するアイデアの製品化、実用化を支援する研究開発実証検証フィールド

アカデミック・サイエンス・ユニット(ASU)

医療現場を企業の方々に開放し、企業が持っているノウハウを医療現場でどのように育てられるか、また、医療現場の課題をどのように解決できるのか、それぞれの視点を新たな医療機器や医薬品・医療イノベーションにつなげる取り組み。

詳しくはこちら

ページ上部へ

CONTACT

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちら

TEL 022-274-3501

MAIL asu@crieto.hosp.tohoku.ac.jp